「DJI」製の「Phantom 4 Pro V2.0」を買うなら「DJI正規代理店 JDRONEオンラインストア」 産業用ドローンに強いドローンのプロショップ"JDRONE"にお任せください。
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

営業日カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
土日祝
土日祝以外営業しております。
(年末年始等、臨時休業日がございます)
2営業日以内に返信いたします。
受注は24時間受付中です。
 
 

トップ > DJI > Phantom 4 Pro V2.0

Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0
Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0 Phantom 4 Pro V2.0
拡大画像

Phantom 4 Pro V2.0

 
商品コード : JDP4P01008
製造元 : DJI
価格 : 204,000円(税込)
【 在庫有り 】
ポイント : 2,040
数量
 
動作確認

ご注文の合計金額が5,000円以上は送料無料になります。


 
【動作確認オプション】
ドローンの動作確認をJDRONEで行うかの有無がオプション選択出来ます。
・動作確認なし:メーカー出荷状態(未開封)のまま発送致します。
・動作確認あり:開封し動作確認を行った後発送致します。
  動作確認にはアクティベートが含まれます。DJI CARE REFRESH※への手続きが行なえなくなります。
  当日の出荷台数により発送日が翌営業日になる場合もございますので予めご了承願います。

※DJI CARE REFRESHご加入についての注意事項
ご加入にはアクティベート後48時間以内の手続きが必要です。
「DJI CARE REFRESH」加入ご希望の方:「動作確認なし」を選択してください。
「DJI CARE REFRESH」不要な方 :「動作確認あり」「動作確認なし」お好みの状態を選択してください。


DJI CARE REFRESHについて詳しくはこちら  
 

業務用/法人・団体向け大量購入など
別途お見積はこちらから承ります。


納期についての詳細はこちら

同梱物

機体 ×1
送信機 ×1
インテリジェントバッテリー ×1
充電器 ×1
電源ケーブル ×1
プロペラ(ペア) ×4
ジンバルクランプ ×1
microSDカード(16GB) ×1
マイクロUSBケーブル ×1
キャリングケース ×1

※アクセサリは保証対象外です。


製品概要
スペック
Phantom比較表

製品概要

P4P V2.0は、Phantom 4 Proのパワフルな機能性をそのままに、HDでの低遅延デジタル動画伝送を実現するDJIのOcuSync HD伝送システムを搭載、また、飛行中のノイズを最大60%軽減することで、より優れた飛行体験を実現します。

P4P V2.0は、最大飛行時間30分、最大伝送距離4km (1)、5方向障害物検知機能、4K/60fps動画を撮影できる1インチCMOSセンサーといった、Phantom 4 Proが持つすべての機能を備えています。プロユーザーをはじめ、空撮作品をさらに高いレベルに進化させてたいすべてのユーザーに最適なP4P V2.0は、求められるすべてのニーズに応え、スムーズな操作性を提供します。

従来モデルと同様に、アイコニックな機体デザインを継承したP4P V2.0は、ディスプレイ一体型送信機(5.5 インチ 1080p)が付属したPhantom 4 Pro+ V2.0バージョンも併せて提供します。Pro+ V2.0の送信機は 直射日光下などの屋外環境でで飛行する際に理想的な空撮ソリューションです。

新しいPhantom4 Pro V2.0には、OcuSync HD伝送システムを搭載しています。
DJI GOGGLESに無線で接続します。
※日本国内はまだ対応していません。
Phantom4 ProとAdvancedのように、Phantom4 Pro V2.0は撮影可能な1インチの2000万画素のCMOSセンサー搭載

4K/60fpsのビデオとバーストモードは14fpsで静止画を撮影可能。
さらに、FlightAutonomyシステムを搭載。
デュアルリヤビジョンセンサと赤外線センシングシステムが含まれ、合計で5箇所のセンサーを搭載しています。

1インチ2000万画素センサ付きカメラ

 

オンボードカメラは、1インチ2000万画素のCMOSセンサーと使用するように再設計されました。
カスタム設計のレンズは、7郡8枚で構成されています。

高速で飛行する場合に生じる歪み(ローリングシャッター現象)をメカニカルシャッターを使用することで低減できます。

H.264.4Kビデオは60fpsで、H.265.4Kは30fpsで、いずれも100Mbpsビットレートです。
高度なセンサーとプロセッサーにより、より美しい映像を撮影できます。
高度なポストプロダクションに必要な画像データが含まれます。

1インチ20メガピクセル

 

センサのサイズは、ピクセル数よりも画質にとって重要です。 より大きなセンサーが多くの情報をキャプチャします。 高いダイナミックレンジとシグナル対ノイズ比によって、低光度でも高い撮影クオリティを提供してくれます。
Phantom4ProV2.0の1インチ20メガピクセルCMOSセンサーはPhantom4の1/2.3インチセンサーに比べてほぼ4倍のサイズとなります。最大ISO12800とコントラストの工場をもたらしています。
より高度なポストプロセッシングのために極めて有効です。

Productinal Optimized 4K

 

強化されたビデオ処理システムにより、映画製作にも耐えうるDCI4K/60(4096 × 2160/60fps)を100Mbpsのビットレートで、高解像度スローモーションショットを撮影できます。
Phantom 4 Pro V2.0は、H.265ビデオコーデック(最大解像度4096 × 2160/30fps)もサポートしています。一定ビットレートの場合、H.265はH.264よりも大幅な画像処理量を実現します。高ダイナミックレンジでのD-log録画モードを使用して、カラーグレーディングのために最大限活用できます。

高解像度レンズ

 

レンズの解像度とコントラストは画質にとって重要です。
レンズの性能によって、鮮明な写真を高画質で取り込むことができるからです。

新しいPhantom 4 V2.0カメラは、空撮用に最適化されています。
F2.8広角レンズ。焦点距離は24mm。7郡8枚で設計されており、より小型でコンパクトなフレームに収まるように設計されています。その画像は少ない歪みと高解像度で、写真やビデオは鮮明です。DJIカメラではじめて、MTF(Modulation Transfer Function)の結果が公開されたので、人々はよりレンズを理解することが出来ます。

*MTFチャートは、コントラストや解像度といったレンズの能力を測定するために使用されます。
MTF値が100%に近ければ近いほど、レンズの性能が良いとみなされます。

全ての瞬間をキャプチャ

 

空撮映像は風景を撮影するためだけでなく、アクションシーンからモータースポーツまで、あらゆる面で新しい視点を提供します。
高速で移動するオブジェクトを撮影することは、常にカメラを飛ばすことにおいての課題でした。
メカニカルシャッターと大口径プライムレンズを使用しています。
1/2000秒の最高速度のメカシャッターでは、動きの速い被写体や高速で飛ぶときの画像も撮影できます。

電子シャッターは1/8000秒の最大シャッタースピードで改良され、新しいバーストモードを使用して、完璧な瞬間を捉えるために20メガピクセルで14fpsを撮影することができます。

5方向の障害物検知

 

FlightAutonomyは、前面に配置されたペアのセンサーと、左右に配置された赤外線検出システムのほかに、背面に配置された高解像度のステレオビジョンセンサーを追加して拡張されています。このセンサーは合計5方向でPhantom 4 Pro V2.0をより多くの障害から守り、より複雑な画像を撮影できるという自身を映像制作家に与えています。

6カメラナビゲーションシステム

 

デュアルビジョンセンサーの3つのセットは航空機と物体との間の相対速度および距離を絶えず計算する6カメラナビゲーションシステムを形成します。

Phantom 4 Pro V2.0は、前方、後方、下方の視覚センサネットワークを使用して、GPSなしの場所で正確にホバーすることができます。

Flight Autonomyとは

 

Flight Autonomyは高度な航空情報および飛行自動化プラットフォームです。
それは7つのカメラを含む10のコンポーネントグループの複雑なネットワークで構成されています。

前方、後方および下方のデュアルビジョンセンサーおよび主要カメラ-赤外線検知システム、デュアルバンド衛星測位(GPSおよびGLONASS)、2つの下方冗長IMUとコンパス、強力な専用コンピューティングコアのグループが含まれています。Phantom 4 Pro V2.0は周囲の障害物の高さを位置に関するリアルタイムの視点とその中に位置する3Dマップを作成します。IMUとコンパスは、重要な飛行状況、速度、方向データを収集します冗長IMUおよびコンパスは重要なデータを監視し、可能なエラーを排除し、飛行の信頼性を飛躍的に向上させます。

赤外線検出システム

 

Phantom 4 Pro V2.0は、赤外線検知システムを使用する最初のDJI航空機です。航空機の左側と右側に配置され、これらのセンサーは、赤外線3Dスキャンを使用して航空機や障害物を検知します。初心者モード、もしくはトライポッドモードでは、これらのセンサーは、70度の水平氏やと20度の垂直視野を持ちます。
Phantomの側面に広い視野を提供するセンサーは、23ft(7m)の最大範囲まで認識します。従来の超音波センサーは3〜5mの検出範囲しか持たず、プロペラ振動の影響を受けると混乱する可能性があります。赤外線感知システムはより広い領域を感知し、航空期間の距離を測定することができ、最も近いオブジェクトを性格に識別しながら干渉を回避し、より信頼性の高い検出と保護を提供します。

ビルドイン画面付きOcuSyncリモートコントローラ

 

Phantom 4 Pro +と統合された5.5インチ1080pスクリーン
V2.0コントローラは1000 cd / m2の輝度を提供し、従来のスマートデバイスと同様に明るいです。 DJI GOアプリが画面に組み込まれているので、ハードウェアとソフトウェアは完全に最適化されており、撮影映像を即座に編集して共有することができます。
コントローラーに加えて、Phantom 4 Pro + V2.0は完全な航空イメージングソリューションです。

※遮蔽されていない状態で、妨害のない状態で到達可能な最大伝送距離はFCC(米国ー連邦通信委員会)に準拠しています。

新しいOcuSyncビデオ伝送

 

Phantom 4 Pro V2.0のリモートコントローラーは、時分割多重技術を使用して制御記号を送信し、ビデオ信号を同時に受信するOcuSyncビデオ送信*を使用します。コントローラの電源がオンになるとOcuSyncシステムは以下をスキャンします。
最も低い干渉を有する周波数帯域とそれに応じて切り換えて、明確な送信を維持する。
また、OcuSyncのおかげで、Phantom 4 Pro V2.0はDJIゴーグルに無線で接続します。 ケーブルの節約から解放されて、エキサイティングなFPVフライトを最高速度で楽しむことができます。

Sモードで72kph(45mph)

Ultra-Bright Screen

 

Phantom 4 Pro + V2.0と統合された5.5インチ1080pスクリーンは、1000 cd / mの従来のスマートデバイスの2倍以上の明るさを実現します。
直射日光の下でも明るく鮮やかな色が見やすくなります。 DJI GO 4アプリとして HDMIポートとの統合、飛行前の準備を簡素化します。HDMIポート、マイクロSDカードスロット、マイク、内蔵スピーカー、およびWi-Fi接続を簡単に統合することで、モバイル機器は不要です。 Wi-Fi接続により、DJI GO 4内の画像をほぼ即座に共有することができます。5時間のバッテリー持続で、Phantom 4 Pro + V2.0は完全な空撮ソリューションになります。

See a Different World

 

Phantom 4 Pro V2.0はDJIゴーグルに無線で接続し、デュアルLTPSを使って行動の中心目線にあなたを直接置きます。
※日本国内ではDJI GOGGLESとPHANTOM4の無線接続は2018年5月現在未対応です。

85 FOVで高品質の1080pライブカメラビューを提供するディスプレイ。
OcuSyncを介して接続されたユーザーは、信じられないほど低い待ち時間。
さらに、DJIゴーグルであなたのファントムをコントロールするのはもっとです
直感的で直観的です。ヘッドトラッキングを有効にするだけで、あなたの頭を回すだけで、飛行機やジンバルを操ることができます。

静かな推進能力

 

新しい空力9455Sプロペラと新しいFOC ESCドライバにより、改善されたノイズ制御と正弦波電流を提供します。
安定性が向上し、 航空機のが最大騒音が減少しました。
4dB *(60%)で、静かで楽しい飛行を実現します。
*屋内および航空機の1m(3.28フィート)以内。

インテリジェントフライトバッテリー

 

プロの空撮フォトグラファーには、より長い飛行時間が要求されます。
Phantom 4 Pro V2.0の最大飛行時間は30分です。
DJI GO 4アプリはバッテリー寿命を表示し、移動距離などに応じて残りの飛行時間を計算します。
安全な旅に必要な最小限の電源容量に達したときに警告も発します。
また、離陸ポイントに戻る高度なバッテリー管理システムも。過充電や過放電を防止します。長時間保管すると、電池健康を維持するために放電します。

スペック

機体
重量 (バッテリーとプロペラを含む) 1375 g
対角寸法 (プロペラを含まず) 350 mm
最大上昇速度 S-モード:6 m/s
P-モード:5 m/s
最大下降速度 S-モード:4 m/s
P-モード:3 m/s
最大速度 S-モード:72 km/h
A-モード:58 km/h
P-モード:50 km/h
最大傾斜角 S-モード:42°
A-モード:35°
P-モード:25°
最大角速度 S-モード:250°/s
A-モード:150°/s
運用限界高度 (海抜) 6,000 m
最大風圧抵抗 10 m/s
最大飛行時間 約30分
動作環境温度 0〜40℃
衛星測位システム GPS/GLONASS
ホバリング精度範囲 垂直:
±0.1 m (ビジョンポジショニングあり)
±0.5 m (GPSポジショニングあり)
水平:
±0.3 m (ビジョンポジショニングあり)
±1.5 m (GPSポジショニングあり)
ビジョンシステム
ビジョンシステム 前方ビジョンシステム
後方ビジョンシステム
下方ビジョンシステム
速度範囲 高度2 mで50 km/h以下
高度範囲 0〜10 m
動作範囲 0〜10 m
障害物検知範囲 0.7〜30 m
FOV 前方:60°(水平)、±27°(垂直)
後方:60°(水平)、±27°(垂直)
下方:70° (前方と後方)、50° (左と右)
測定周波数 前方:10 Hz
後方:10 Hz
下方:20 Hz
動作環境 地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態 (15ルクス超)
カメラ
センサー 1インチCMOS
有効画素数::2,000万画素
レンズ 視野角:84° 、8.8 mm/24 mm (35 mm判換算) 、f/2.8〜f/11オートフォーカス (1 m〜∞)
ISOレンジ 動画:
100〜3200 (オート)
100〜6400 (マニュアル)
写真:
100〜3200 (オート)
100〜12800 (マニュアル)
メカニカルシャッタースピード 8〜1/2000 s
電子シャッター速度 8〜1/8000 s
最大静止画サイズ 3:2アスペクト比:5472 × 3648
4:3アスペクト比:4864 × 3648
16:9アスペクト比:5472 × 3078
PIV (ピクチャーインビデオ)の静止画サイズ 4096×2160(4096×2160 24/25/30/48/50p)
3840×2160(3840×2160 24/25/30/48/50/60p)
2720×1530(2720×1530 24/25/30/48/50/60p)
1920×1080(1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p)
1280×720(1280×720 24/25/30/48/50/60/120p)
静止画撮影モード シングルショット
バーストショット:3/5/7/10/14枚
オート露出ブラケット (AEB):3/5枚 (0.7EVステップ)
インターバル:2/3/5/7/10/15/20/30/60 s
動画撮影モード H.265
C4K:4096×2160 24/25/30p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @65Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @80Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @50Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60p @65Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @25Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @35Mbps
HD:1280×720 120p @60Mbps

H.264
C4K:4096×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
4K:3840×2160 24/25/30/48/50/60p @100Mbps
2.7K:2720×1530 24/25/30p @80Mbps
2.7K:2720×1530 48/50/60p @100Mbps
FHD:1920×1080 24/25/30p @60Mbps
FHD:1920×1080 48/50/60 @80Mbps
FHD:1920×1080 120p @100Mbps
HD:1280×720 24/25/30p @30Mbps
HD:1280×720 48/50/60p @45Mbps
HD:1280×720 120p @80Mbps
最大ビデオビットレート 100 Mbps
対応ファイルシステム FAT32(32GB以下)、exFAT(32GB超)
写真 JPEG、DNG (RAW)、JPEG + DNG
動画 MP4/MOV(AVC/H.264、HEVC/H.265)
対応SDカード microSD
最大容量:128GB
書き込み速度15MB/s以上、クラス10またはUHS-1が必要
動作環境温度 0〜40℃
充電器
電圧 17.4 V
定格出力 100 W
アプリ/ライブビュー
モバイルアプリ DJI GO 4
ライブビュー動作周波数 2.4 GHz ISM、5.8 GHz ISM
ライブビュー品質 720P @ 30fps、1080P @ 30fps
遅延(レイテンシ) Phantom 4 Pro V2.0: 220 ms(環境条件およびモバイル端末による)
Phantom 4 Pro + V2.0:160〜180 ms
OS要件 iOS 9.0以降のバージョン
Android 4.4.0以降のバージョン
ジンバル
スタビライズ機構 3軸 (ピッチ、ロール、ヨー)
操作可能範囲 ピッチ:-90° 〜 +30°
最大制御速度 ピッチ:90°/s
ぶれ範囲角度 ±0.02°
赤外線検知システム
障害物検知範囲 0.2〜7 m
FOV 70° (水平)、±10° (垂直)
測定周波数 10 Hz
動作環境 拡散反射する地表、反射率8%(壁、樹木、人間など)
送信機
動作周波数 2.400〜2.483 GHzおよび5.725〜5.825 GHz(日本国内では、2.400〜2.483 GHzのみ使用可能)
最大伝送距離 2.400〜2.483 GHz (障害物、電波干渉がない場合)
FCC: 7 km
CE: 4 km
SRRC:4 km
MIC(日本):4 km
5.725〜5.825 GHz (障害物、電波干渉がない場合)
FCC: 7 km
CE: 2 km
SRRC: 5 km
動作環境温度 0〜40℃
バッテリー 6000mAh 2S LiPo
出力(EIRP) 2.400〜2.483 GHz
FCC: 26 dBm
CE: 20 dBm
SRRC: 20 dBm
MIC(日本): 17 dBm
5.725〜5.825 GHz
FCC: 26 dBm
CE: 14 dBm
SRRC: 20 dBm
MIC(日本): -
動作電流/電圧 1.2A @7.4V
動画出力ポート GL300K: HDMI
GL300L:USB
モバイル端末ホルダー GL300K:内蔵ディスプレイ機器 (5.5インチディスプレイ、1920×1080、 1000cd/m2、Androidシステム、4G RAM+16 GB ROM)
GL300L: タブレットとスマートフォン
インテリジェント・フライトバッテリー
容量 5870 mAh
電圧 15.2 V
バッテリータイプ LiPo 4S
電力量 89.2 Wh
正味重量 468 g
充電温度範囲 5〜40℃
最大充電電力 160 W

Phantom比較表