DJI Aeroscope(エアロスコープ)は大規模なドローンの電気信号を分析・監視し、ドローンを特定。Aeroscopeのご相談・お問い合わせはJDRONEへ
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

取扱ブランド

営業日カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
土日祝
土日祝以外営業しております。
(年末年始等、臨時休業日がございます)
2営業日以内に返信いたします。
受注は24時間受付中です。

詳細解説

  • P4 MULTISPECTRAL
  • AEROSCOPE
 
Aeroscope

Aeroscope
Aeroscope Mobile

一般向けドローンの人気が増加し続けるなか、空港/刑務所/原子力発電所/政府系施設やインフラ設備など、重要施設とその周辺における安全面やセキュリティ面には課題が生じています。そのような施設や周辺地域にて、従来の警備では重大な事件/事故を防ぐための適切なUAV検知を行えません。 AeroScope(エアロスコープ)は、ドローンの電気信号を分析・検知し重要な情報を入手することにより、現在市販されている機種のほとんどのドローンを特定可能。飛行に注意が必要な環境の保全性を確保します。

ドローン検知プラットフォーム

ドローン検知プラットフォーム

AeroScopeは包括的なドローン検知プラットフォームで、UAV通信リンクを素早く特定し、飛行状況/経路/その他の情報をリアルタイムで収集します。 この検知データストリームにより、ユーザーが情報に基づくレスポンスを可能な限り迅速に行えるようにサポートします。

*ドローン ID識別技術は黎明期にあり、今後の発展に応じて生じる様々な法規および規制の対象となる可能性があります。 操作管轄権内でのAeroScopeの使用に関して、関係法令の順守は顧客が責任を負うものとします。

据え置きユニット

Aeroscope

大規模な敷地を継続的に防備するために設計されたAeroScope据え置きユニットは、特定の場所やユーザーの需要にあわせたカスタム化と構築に対応し、周辺空域を完全にカバーします。 理想条件下では、システムは最大50kmの範囲を検知し、ドローンからの重要な情報をわずか2秒で取得します。 統合型検知システムを効率的に運用するため、検知データをユーザーの既存のセキュリティシステムと統合できます。 このシステムは、パブリッククラウド/プライベートクラウド/ローカル配置にも対応し、オフサイトでの検知やデータ セグリゲーションなどの特定のニーズを満たします。
注:据え置きユニットの検知範囲は、取り付けられているアンテナの種類に依存します。

最大距離

最大距離

詳細情報

詳細情報

簡単取り付け

簡単取り付け

保護等級 IP65

保護等級 IP65

Aeroscope

◆ 長距離検出

数10キロにおよぶ検出範囲
干渉のない環境において、使用するアンテナによって信号受信範囲が変化。
固定デバイスは様々なアンテナと組み合わせて構成可能。

長距離検出

◆ 屋外天候型・無人型サービス

防水・防塵。
落雷保護。
広範な温度および湿度に対応。
Aeroscope(固定ユニット)は一時的なイベントなどの移動体においても利用可能。

屋外天候型・無人型サービス

ポータブルユニット

Aeroscope Mobile

ポータブルユニットは、仮設イベントや移動配置などの利用シーン向けに設計されました。ユニット全体がキャリーケース1個に収められているので、初めて行く場所や移動体でも素早く使用を開始できます。また、ポータブルユニットは、内蔵のTB50インテリジェントバッテリーまたは標準の電源から電源供給できます。移動中にも柔軟に対応し、緊急時や据え置きユニットが使用できない場合に実用的なドローン検知ソリューションを提供します。

実用的

実用的

5kmの伝送距離

5kmの伝送距離

オフラインでの使用

オフラインでの使用

Aeroscope_mobile

◆ 携帯性

ユニット全体が1つのキャリングケースに入れられているため、ユーザーは新しい場所や移動先ですばやく操作を開始可能。
ポータブルユニットは、オンボードのTB50インテリジェントバッテリーまたは、100V電源で使用可能。
軽量コンパクトで簡単に移動可能。
緊急時や据え置きユニットが使用できない場合でも便利なドローン検知ソリューションを提供。
ポータブルユニットは、オプションのアンテナを使用することで受信可能範囲を拡大可能。

携帯性
バックステージ管理システム&SDK

バックステージ管理システム & SDK

AeroScope バックステージ管理システムは、包括的なドローンセキュリティシステムの中核です。このシステムは先進の情報管理技術を使用して、中央検知/コマンド/調査ツールを提供。以前の飛行で収集したデータと統合します。 AeroScope バックステージ管理システムは、ドローンを検知し、公共の空域をより安全にするための包括的で実用的な企業向けシステムです。本システムは、顧客の具体的な要望を満たし、さまざまなシステムの統合に対応するため、ソフト開発キット(SDK)にも対応しています。

リアルタイム情報

リアルタイム情報

再生

再生

データ分析

データ分析

SDK

SDK

適用シーン

空港

空港

政府関係施設

政府関係施設

刑務所

刑務所

発電所

発電所

進入禁止の軍事地域

進入禁止の軍事地域

安全地域

安全地域

スペック

Aeroscope

安全性と規格
型式 AS-F1800
保護等級 IP65
避雷規格 IEC61000-4-5 6KV
電磁適合性 本機は電磁適合要件に合致し、以下の基準も満たしています。
欧州:
EN 55032:2015
EN 55024:2010+A1:2015
EN 61000-3-2:2014
EN 61000-3-3:2013
米国:
47 CFR Part 15,Subpart B:2016
電気仕様
消費電力* 約70W
入力 100-240V〜,50/ 60Hz,2.5A Max.
動作環境
動作環境温度 -30〜 + 50℃(日差しなしの場合)
-30〜 + 45℃(日差しありの場合)
相対湿度 5〜100%
絶対湿度 1〜30g/m3
大気圧 70〜106kPa
物理仕様
寸法(高さ × 幅 × 奥行) 310mm × 260mm × 100mm
重量 6.8kg
対応する機体 Phantom シリーズ
Inspire シリーズ
MAVIC
Spark**

*25℃の室内下でテストを実施
**SPARKは今後対応予定

Aeroscope Mobile

安全性と規格
型式 AS-P1800
保護等級 IP54(折り畳み時)
電磁適合性 本機は電磁適合要件に合致し、以下の基準も満たしています。
欧州:
EN 55032:2015
EN 55024:2010+A1:2015
EN 61000-3-2:2014
EN 61000-3-3:2013
米国:
47 CFR Part 15,Subpart B:2016
電気仕様
消費電力* 約70W
入力電圧 100-240V AC
動作環境
動作環境温度 -20〜 + 40℃
推奨保管温度 22 〜 + 30℃
相対湿度 5〜100%
絶対湿度 1〜30g/m3
大気圧 70〜106kPa
物理仕様
寸法(高さ × 幅 × 奥行) 405mm × 327mm × 175mm
重量 8.5kg
対応する機体 Phantom シリーズ
Inspire シリーズ
MAVIC
Spark**

*25℃の室内下でテストを実施
**SPARKは今後対応予定

AeroscopeとAeroscope Mobileの比較

Aeroscope Aeroscope Mobile
設置時間 機器構成に応じて、
セットアップに半日から数日間必要
使用したい場所で使用可能
(バッテリー駆動)
移動性 固定 ポータブル
受信可能範囲 高利得指向性アンテナの利用、および複数の固定ユニットを複数の地点に設置することで拡張が可能 拡張はほぼ不可
使用制限 屋外全天候型・無人型サービス バッテリー、天候、ユーザー等の状況によって制限
典型的な使用状況 ・空港
・航空路線
・刑務所
・軍事制限区域
・政府機関のセキュリティ区域
・固定ユニットを設定する時間および場所が確保できる一時的なイベント
・車での移動モニタリング
・急を要する一時的なミーティング、番組、集会といった設置準備に必要な時間および場所が確保できない場合
・歩きながらの移動モニタリング

お問い合わせ

Aeroscopeの導入検討、又は、お取り扱いに関するお問い合わせはこちらまでご連絡ください。
enterprise@jdrone.tokyo
TEL:03-4236-0080
Aeroscope導入支援係