カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

取扱ブランド

営業日カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
土日祝
土日祝以外営業しております。
(年末年始等、臨時休業日がございます)
2営業日以内に返信いたします。
受注は24時間受付中です。

詳細解説

  • P4 MULTISPECTRAL
  • AEROSCOPE
 
P4M_P

作物の生育状況を
スマートに管理

P4 Multispectralは、作物水準での正確なデータを収集し、 農業ミッションや環境モニタリングなどの用途向けに構築された マルチスペクトル画像システム搭載の高精度ドローンです。

ビデオを視聴

マルチスペクトル画像システム

ライブNDVI表示

RTKモジュール

TimeSync

農業の「見える化」

作物の健康状態を、すぐに把握

P4 Multispectralは、作物の健康状態を把握し、植生管理に対応したインサイトデータを取得するプロセスを統合します。DJIは、OcuSyncシステムによる最大飛行時間27分と最大伝送距離7 km1(日本国内は5 km)といったDJIの代表的なモデルと同等の強力な性能基準を踏襲したプラットフォームを開発しました。

農業の「見える化」

内面まで見通す力

内蔵型の安定化映像システムにより、すぐに使用できる包括的なデータセットを収集でき、農業用の画像収集がこれまでになく簡単で効率的になりました。RGBカメラ1台と、ブルー/グリーン/レッド/レッドエッジ/近赤外線の帯域の5台のマルチスペクトル カメラアレイで収集された情報にアクセスし、それらの2MPカメラはグローバルシャッターを備え、3軸ジンバルで安定化されます。

カメラ種類
統合型日照センサー
測定結果の精度を高める 統合型日照センサー

ドローン上部に統合されているスペクトル日照センサーが太陽放射照度を捉えることにより、1日の異なる時間帯でのデータ収集の精度を向上させ、一貫性が増します。この情報を後処理データと組み合わせれば、最も正確なNDVI測定結果を生成することができます。

価値あるデータを。思い通りに

RGB映像とNDVI映像を表示

単なる空撮だけでは、詳細情報を必要とする農業従事者にとっては情報が足りません。予備の正規化差植生指数(NDVI)分析とRGBライブ映像を切り替えて、注意が必要な箇所をすぐに視覚化できます。そのため、的を絞った処置の決定を、素早く行えます。

RGB映像とNDVI映像

cmレベルの正確性

DJIのTimeSyncシステムで、6台のカメラすべてで撮影された画像のリアルタイムで正確な測位データを取得し、cmレベルの正確な測定値を得ることができます。TimeSyncシステムは、フライトコントローラー/RGBカメラ/NB(狭域周波数帯)カメラ/RTKモジュールを継続的に調整し、各写真が最も正確なメタデータを使用し、測位データがCMOSの中心に固定されるようにします。すべてのカメラで、半径および接線のレンズ歪みを計測する厳密なキャリブレーションが実施されています。収集された歪みパラメータは各画像のメタデータに保存され、後処理ソフトウェアですべてのユーザーが一意に調整できます。

TimeSyncシステム
D-RTK 2 モバイルステーションと
NTRIPとの互換性

P4 Multispectralは、作物の健康状態を把握し、植生管理に対応したインサイトデータを取得するプロセスを統合します。DJIは、OcuSyncシステムによる最大飛行時間27分と最大伝送距離7 km1(日本国内は5 km)といったDJIの代表的なモデルと同等の強力な性能基準を踏襲したプラットフォームを開発しました。

D-RTK 2 モバイルステーション

インテリジェント農業ミッションを開始

飛行計画

1. 飛行計画
DJIの最先端の 飛行計画iOSアプリであるGS PROを使用して、飛行を計画し、自動化されたミッションを実行して飛行データを管理します。

データ採集

2. データ採集
P4 Multispectralを使用して、広い範囲にわたってマルチスペクトル画像を効率的に収集し、問題のあるエリアの概観を確認できます。

データ分析

3. データ分析
作物の健康状態を正確に把握するために、作物特有の測定基準とパラメーターを適用して、空撮データに簡単にアクセス、処理することができます。

データに基づく処理

4. データに基づく処理
正確なドローンデータに基づき、注意が必要な領域にターゲットを絞って対処します。

活用事例

精密農業

どの段階での成長期でも、マルチスペクトル画像で、人間の目では確認できない電磁スペクトル全体の情報が提供されるため、農業従事者にとって実用的です。このデータとその後に取得したNDREやNDVIなどの植生指数データにアクセスすることにより、農業従事者は、作物の処理/コスト削減/リソースの節約/収穫量の最大化について、タイムリーで情報に基づいた決定を下すことができます。

精密農業
環境モニタリングと調査

P4 Multispectralを使用すると、作物などの定期的な調査とメンテナンスが、 よりスマートで効率的になります。実用的なマルチスペクトルのインサイト分析を行い、 森林の状態のモニタリング、バイオマスの測定、海岸線のマッピング、また、生息地や生態系の保護活動を行いながら、水辺の植生の管理などを実施できます。。

環境モニタリングと調査

スペック

機体
離陸重量 1487g
対角寸法(プロペラ含まず) 350 mm
運用限界高度(海抜ゼロ地点) 6000 m
最大上昇速度 6 m/s(自動飛行)、5 m/s(手動制御)
最大下降速度 3 m/s
最大飛行速度 50 km/h(Pモード)、58 km/h(Aモード)
最大飛行時間 約27分
動作環境温度 0℃ 〜 40℃
動作周波数 2.400 GHz 〜 2.483 GHz(欧州、日本、韓国)
5.725 GHz 〜 5.850 GHz(その他の国/地域)[1]
伝送電力(EIRP) 2.4 GHz:< 20 dBm (CE / MIC(日本)/ KCC) 5.8 GHz:< 26 dBm (FCC / SRRC / NCC)
ホバリング精度範囲 RTK有効時、正常に機能している場合:
垂直方向:±0.1 m、水平方向:±0.1 m
RTK無効時:
垂直方向:± 0.1 m(ビジョンポジショニング使用時)、±0.5 m (GNSSポジショニング使用時)
水平方向:± 0.3 m(ビジョンポジショニング使用時)、± 1.5 m (GNSSポジショニング使用時)
画像位置補正 カメラ6台のCMOSの中心と、オンボードD-RTKアンテナの位相中心の相対位置がキャリブレーションされ、各映像のEXIFデータに記録されます。
GNSS
単一周波数 高感度GNSS GPS + BeiDou + Galileo[2](アジア)、GPS + GLONASS + Galileo[2](その他の地域)
マルチ周波数マルチシステム高精度RTK GNSS 使用される周波数
GPS:L1/L2、GLONASS:L1/L2、BeiDou:B1/B2、Galileo[2]:E1/E5
第一固定時間: < 50 s
測位精度:垂直 1.5 cm + 1 ppm (RMS)、水平 1 cm + 1 ppm (RMS)
1 ppmは、1 kmの移動で1 mmの増加を伴う誤差のことです。
速度精度:0.03 m/s
マッピング機能
地上画素寸法(GSD) (H/18.9)cm/pixel。Hは、撮影シーンを基準とする機体高度(単位:m)
データ収集率 高度180 m (GSDが約9.52 cm/pixelのとき)での1回の飛行の最大作業領域 約0.47km2
ジンバル
操作可能範囲 チルト:-90° 〜 +30°
ビジョンシステム
速度範囲 ≤ 50 km/h(充分な照度条件下で、地上2 mで飛行の場合)
高度範囲 0 〜 10 m
動作範囲 0 〜 10 m
障害物検知範囲 0.7 〜 30 m
動作環境 地表の模様が明瞭で、充分な照度条件下 (< 15 lux)
カメラ
センサー 6台の1/2.9インチCMOS(可視光イメージング用RGBセンサー1台、マルチスペクトルイメージング用モノクロセンサー 5台を含む)
各センサー:有効画素数 2.08 MP(合計2.12 MP)
フィルター ブルー (B):450 nm ± 16 nm、グリーン (G):560 nm ± 16 nm、レッド (R):650 nm ± 16 nm、レッドエッジ (RE):730 nm ± 16 nm、 近赤外線 (NIR):840 nm ± 26 nm
レンズ FOV(視野角):62.7°
焦点距離:5.74 mm(35 mm版換算:40 mm)、オートフォーカスは∞に設定
絞り:F2.2
RGBセンサーISOレンジ 200 〜 800
モノクロセンサー ゲイン 1〜8倍
電子グローバルシャッター 1/100 - 1/20000 s (可視光イメージング)、1/100 - 1/10000 s (マルチスペクトル イメージング)
最大静止画サイズ 1600×1300 (4:3.25)
静止画フォーマット JPEG(可視光イメージング)+ TIFF(マルチスペクトルイメージング)
対応ファイルシステム FAT32 (≤ 32 GB)、exFAT (< 32 GB)
対応SDカード 書き込み速度15 MB/s以上のmicroSDカード。最大容量 :128 GB クラス10またはUHS-1規格が必要
動作環境温度 0℃ 〜 40℃
送信機
動作周波数 2.400 GHz 〜 2.483 GHz(欧州、日本、韓国)
5.725 GHz 〜 5.850 GHz(その他の国/地域)[1]
伝送電力(EIRP) 2.4 GHz:> 20 dBm (CE / MIC(日本) / KCC)
5.8 GHz:> 26 dBm (FCC / SRRC / NCC)
最大伝送距離 FCC / NCC:7 km
CE / MIC(日本) / KCC / SRRC:5 km(障害物、電波干渉のない場合)
内蔵バッテリー 6000 mAh LiPo 2S
動作電流/電圧 1.2 A @ 7.4 V
モバイル端末ホルダー タブレットおよびスマートフォン
動作環境温度 0℃ 〜 40℃
インテリジェント フライトバッテリー (PH4-5870mAh-15.2V)
容量 5870 mAh
電圧 15.2 V
バッテリータイプ LiPo 4S
電力 89.2 Wh
正味重量 468 g
動作環境温度 -10℃ 〜 40℃
充電環境温度 5℃ 〜 40℃
最大充電電力 160 W
インテリジェント フライトバッテリー 充電ハブ(PHANTOM 4 充電ハブ)
電圧 17.5 V
動作環境温度 5℃ 〜 40℃
AC 電源アダプター (PH4C160)
電圧 17.4 V
定格出力 160 W
注記
[1] 現地の法律および規制を順守するために、この周波数は一部の国または地域ではご利用になれません。
[2] Galileoは、近日中に対応する予定です。

ダウンロード

ソフトウェア&ドライバー
DJI Assistant 2 For Phantom

DJI Assistant 2 For Phantom
Phantom 4/Phantom 4 Pro/Phantom 4 Advanced/Phantom 4 Pro V2.0に対応。
ソフトウェアダウンロードはこちら


マニュアル
P4 Multispectral 同梱物 PDF
P4 Multispectral
クイックスタートガイド v1.0
PDF
P4 Multispectral
免責事項と安全に関するガイドライン v1.0
PDF
P4 Multispectral
ユーザーマニュアル v1.0 (EN)
PDF

FAQ

製品

どちらの製品も、RTKを使用できるオールインワンタイプのドローンプラットフォームです。2つの製品の主な違いはカメラです。P4 Multispectralは、1台のRGBカメラとマルチスペクトル カメラアレイを構成する5台のカメラを搭載しています。これら全てのカメラは2MPの解像度です。一方、Phantom 4 RTKは、20 MPのRGBカメラ1台を搭載しています。

9455S 低ノイズプロペラです。Phantom 4シリーズのプロペラも使用できますが、飛行性能に影響を及ぼします。

擦り傷防止のため、硬くて鋭利なものを近づけないようにしてください。

ジンバル

P4 Multispectralのマルチスペクトル イメージングシステムは、様々なオブジェクトの光放射率を検知します。放射率は各カメラで撮影され、植生指標値を計算するために分析されます。農林業で作物の健康状態を示すために使用される一般的な指標は、NDVIです。一方、ドローン上部に搭載されているスペクトル日照センサーが、1日のさまざまな時間帯に受ける太陽光を補正し、同じ植生分野で採取されたデータの一貫性を向上させます。

ブルー (B):450 nm ± 16 nm、グリーン (G):560 nm ± 16 nm、レッド (R):650 nm ± 16 nm、レッドエッジ (RE):730 nm ± 16 nm、 近赤外線 (NIR):840 nm ± 26 nm 各センサー:有効画素数 2.08 MP(合計2.12 MP)

すべてのカメラレンズの焦点距離は5.74 mmで、35 mm相当の焦点距離は40 mmです。

DJI GS ProとDJI Terraの植生指標機能で画像を処理すると、画像は放射計測キャリブレーションされます。

はい。オンボードD-RTKアンテナの位相中心に対する6つのカメラのCMOSの中心位置は、キャリブレーションされ、各画像のEXIFデータに記録されています。

元の画像は歪みが補正されていませんが、各カメラレンズは製造工程中に歪み測定を行っており、各画像内にパラメーターが記録されています。

元の画像はビネット(ケラレ)補正されてませんが、ケラレ補正用パラメーターは各画像内に記録されています。

はい。

はい。SDカードを選択する際には、ユーザーマニュアルをご参照ください。

すべてのP4 Multispectralの機体は、DJIの生産基準を満たす部品として、カメラとセンサーの標準的なキャリブレーション工程を経て、ドローンの個体差を最小限に抑えます。

輝度値 (DN)です。

送信機

現在、P4 Multispectralは、機体に付属しているSDK送信機にのみ対応しています。

機体とPhantom 4シリーズの送信機をリンクすることはできますが、対応する送信機を使用していない場合は、P4 Multispectralを制御することはできません。P4 Multispectral送信機をPhantom 4 RTKで使用することはできますが、その逆はできません。

伝送

NCC / FCC: 7 km; SRRC / CE / MIC(日本) / KCC:5 km (障害物や電波干渉がない状態)。

720pです。

バッテリー

はい。

新しいバッテリーでは、約27分間駆動します。

約58分です。

ソフトウェア

DJI Assistant 2 for Phantomを使用してファームウェアを更新できます。次のリンクの指示に従うかwww.dji.com/jp/downloads/softwares/assistant-dji-2-for-phantom、ユーザーマニュアルをご確認ください。

機器に付属する操作アプリ、DJI GS Proを使用して、飛行計画と飛行ミッションを実行できます。

DJI GS ProはAppleのマップを使用しています。

各飛行ミッションにはウェイポイント数の制限はありませんが、機体は最大99個のウェイポイントでのみアクションを実行できます。飛行ミッションに99個以上のウェイポイントがある場合、DJI GS Proはウェイポイントを自動でグループに分け、各グループの最大ウェイポイント数は99個になります。

飛行高度:最大:500 m、最小:1 m 飛行速度:最大:15 m/s、最小:1 m/s

マニュアルモード中は、RGBとNDVIのライブ配信を切り替えられます。飛行ミッション中は、RGB表示を継続し、配信を切り替えないことをお勧めします。JPEG画像は、カメラモードに基づいてRGBまたはNDVIで自動保存されます。サードパーティ製のマッピングソフトの多くは、NDVIマップを合成する前に、空中三角測量にRGB画像が必要です。

初心者の場合、マルチスペクトル撮影モードを自動に設定し、測光モードとして平均測光を選択、AEロック解除を選択することをお勧めします。

DJI Mobile SDKに近日中に対応する予定です。

NDVI、GNDVI、NDRE、LCI、OSAVIに対応しています。しかし、植生指数計算機能はありません。

用途

P4 Multispectralで採取されたマルチスペクトル帯域のデータは、さまざまな作物や植物に利用できます。DJI Terraやサードパーティ製のソフトウェアを使用すると、植物の健康状態の監視に役立つNDVI(正規化植生指数)マップまたはNDRE(正規化レッドエッジ指数)マップなどの植生指数マップを再構築します。

はい。GS Proを使用して飛行ミッションを計画し、繰り返し実行できます。

はい。

P4 MultispectralのGSDは(H/18.9)cm/pixelです。必要な精度に基づいて飛行ミッションの高度を計算できます。

高度180 m (GSDが約9.52 cm/pixelのとき)での1回の飛行の最大マッピング面積は約0.47km2です。

相対高度(離陸ポイントに関連)情報は、ウェイポイントで撮影された写真に記録されます。

いいえ。サードパーティ製のベースステーションを、P4 Multispectralまたはその送信機に無線局経由で接続することはできません。しかし、4G/Wi-Fiネットワーク環境では、NTRIPプロトコル経由でネットワークRTKサーバーからデータを取得できます。また、タスクを完了するポスト処理キネマティック(PPK)を実施するために、衛星観測データを機体に保存することもできます。

お問い合わせ

P4 MULTISPECTRALの導入検討、又は、お取り扱いに関するお問い合わせはこちらまでご連絡ください。
enterprise@jdrone.tokyo
TEL:03-4236-0080
P4 MULTISPECTRAL導入支援係